Processing python

【超初心者向け】Processingを使ってプログラミング言語Pythonの変数について

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は、プログラミングの基本変数について説明をしていきます。
プログラミングを学習するうえで、一番はじめにぶつかる壁なのではないでしょうか?

この記事では、Processing×Pythonを使用して変数の説明を行っていきます。
なので、使用するプログラミング言語はPythonの変数について説明をしていきます。

この記事を見ると変数イメージが湧きやすくなってきますよ!!

注意点

この記事はProcessingのPython設定で作成しております
Java設定だとエラーが出るので注意してください

設定方法がわからない方は、以下の記事を参考にしてみてください

変数とは

変数とは値を入れる箱のようなものでpythonで変数を使用するときは

  変数 = 初期値

この『=』の意味が数学とプログラミングで意味が変わってきます。

数学的には

『x =2』では『=』は等しいという意味で表現されます。

例:『xと2は同じ意味ですよ』と先生に伝えます。

プログラミング的には

『x = 2』は『=』は右辺を左辺に代入すると表現されます。

例:自分は今から『x(変数)を2(値)としてこれからつかいますよ』とパソコンへ伝えています。

なので、変数宣言とも呼ばれます。

変数宣言って何?

データを変数という、箱に入れて使用することを言います

実際に変数をProcessingで使用していくとすごく便利です

変数を使用することでコードの数値をまとめて変更することができます

書いた後に編集や変更をするときの箇所が減ることがメリットです

では、実際に以前作ったドイツ国旗を使用して作品をいじってみましょう

ドイツ国旗

参考コード

size(900, 600)
fill(0, 0, 0)
noStroke()
rect(0, 0, 900, 200)
fill(255, 0, 0)
noStroke()
rect(0, 200, 900, 200)
fill(255, 255, 0)
noStroke()
rect(0, 400, 900, 200)

このコードを見た時に同じ数字が並んでいるところがあります。

rect(0, 0, 900 ,200)ここの900、200の部分は数字が一緒なので変数にするとすべての値を変えることができます。

実際に変数にして半分の数値を入力していきます。

変更したコード

size(900, 600)

x, y = 450, 100

fill(0, 0, 0)
noStroke()
rect(0, 0, x, y)
fill(255, 0, 0)
noStroke()
rect(0, 200, x, y)
fill(255, 255, 0)
noStroke()
rect(0, 400, x, y)

実行

あれ?
思ってたのと違うことになりました。ただ各線が半分になっただけでバラバラになっています。
rect(0, 200, x, y)200の数値が変わっていないので開始の座標もおかしなことになってるのか

数値を見た時に0、200、400と倍の数値になっているだけなのでyの変数が使えそうなので使ってみます。

変更したコード

size(900, 600)

x, y = 450, 100

fill(0, 0, 0)
noStroke()
rect(0, 0, x, y)
fill(255, 0, 0)
noStroke()
rect(0, y, x, y)
fill(255, 255, 0)
noStroke()
rect(0, y*2, x, y)

実行

次は思った通りの感じになりました。
でも、ただ半分の数値だからうまくいったのかなとも思ったので数値を少し変えてみます。

(x、y = 500、200)実行

(x、y = 150、50)実行

(x、y = 800、100)実行

pythonの変数で扱う値の種類

変数は値を入れる箱のようなものと説明しましたが、pythonで扱える値には種類があります。

数値(整数や浮動小数点数)

1, -5, 3.14, -1.14…といった数値のことです。

整数…(int)

浮動小数点数…(float)

a = 3      #整数int
b = 3.14   #浮動小数点数float 

ブール値

TureやFalseのどちらかの値をとる。
Ture(条件が成立している:真)、False(条件が成立していない:偽)という意味となっており、2者択一となっている。

a = Ture
b = False

None

シンプルに何もないことを示す特別な値です。

a = None

文字列

文字の並びを示します。(” ”)ダブルクォーテーションで文字を囲う。

a = "Hello World"

オブジェクト

複数の値や操作をまとめたデータで、文字列もオブジェクトに含まれます。
オブジェクトについては現段階は難しいので今度説明します。

ちなみに

変数という箱のサイズは固定されており、上記で記述した数値やブール値、Noneといった値は箱に入りますが、文字やオブジェクトはサイズが大きく箱には入りません。そこで実態を別の場所に保存し、変数にはその場所への参照を格納します。

・値の実態を入れるのか

・実態ではなく参照を格納するのか

変数には2種類あることを理解しておく必要がありそうです。

まとめ

今回は変数のことについて、まとめていきました。
実際にプログラミング学習を始めた際には、変数のことがわかりにくいことも多いですが、Processing×Pythonを使用することで、変数のイメージが画像を使って理解することが出来るのでわかりやすくなっているのではないでしょうか?

この次は変数を使った作品を作って見るので、参考にしてみていただけると嬉しいです。

本気でプログラマーを目指している方へは、プログラミングのスクールをオススメしております。

中でも TechAcademy テックアカデミーをオススメしており、 TechAcademy テックアカデミーの実績として、
多くの会員がエンジニアとして巣立ってきました。数年前より、学生エンジニアという存在が物凄く注目されるようになっており、
メガベンチャーもこぞって、サマーインターンを実施、プログラミングを叩ける人材を青田刈りしています。
この職種は、学歴、学部、全く関係なく、プログラミング開発経験やその熱量がモノをいいます。
私より上の世代では、「エンジニアは3K」「ただの職人」「うつ病になりやすい」「35歳限界説」など
良いイメージを持っていないかと思います。

逆に若手のエンジニアは恵まれた環境に安心してキャリアを崩すといったこともあります。
そのあたりについて、いろいろと聞いてきましたので、
近くに若いエンジニアがいらっしゃるのであれば、助言するときに参考になるかと思います。

以下のリンクから【自宅で現役エンジニアから学べる TechAcademy テックアカデミー】に無料相談が出来るので以下のリンクから無料相談をしてみてください

無料相談はこちらから

アイキャッチ画像の参考コード

size(900, 500)
background(5, 2, 237)

fill(255, 255, 0)
textSize(70)
textAlign(LEFT)
text("Programming", 0, 135)
rect(0, 150, 900, 15)

textSize(70)
textAlign(CENTER)
text("python", 450, 285)
rect(0, 300, 900, 15)

textSize(70)
textAlign(RIGHT)
text("variable", 900, 420)
rect(0, 435, 900, 15)

-Processing python